どうも、2回の転職を経験したことのある、ミヤケンです。

そのどちらも、転職サイトを使いました。「2回転職したなら、1回目は失敗だったの?」とよく聞かれますが、別に失敗じゃあありません。

新しい仕事に挑戦したかったから転職したということで、実は1回目も2回目も両方転職成功しているんです。

どうぞ、転職プロフェッショナルと呼んでください。

「プロフェッショナル~転職の流儀~」ということで、ミヤケンが2回の転職で使った転職サイトの中から特にオススメの転職サイトと、転職意欲に応じた組み合わせ活用法を紹介したいと思います!

↓こちらの記事も合わせてどうぞ
転職サイトのイイところ。メリット多すぎのサービス内容を自称転職サイトプロが解説
転職サイトを使うとどんなメリットがあるのか?まとめました。

8つの転職サイトを使ったボクが特にイイと思った転職サイトはコレ

まず、最初に、「求人サイト」と「転職エージェント」と「転職サイト」の違いってわかりますか?

一般的には…

  • 求人サイト ⇒自分で求人を検索できるサービス
  • 転職エージェント ⇒アドバイザーが転職全般をサポートしてくれるサービス
  • 転職サイト ⇒求人サイトと同じ or 転職エージェントと同じ

っていう認識の人が多いかと思います。

でも、実際に使ってみるとわかるんですが、最近は「求人サイト」と呼ばれているサービスでアドバイザーに相談できたり、「転職エージェント」と呼ばれているサービスで求人検索機能だけ使うことができたりします。

もう何がなんだかわけがわかんないですよね。(モヤモヤしちゃうのはボクだけ?)

というわけで、ボクのブログでは、インターネット経由で使える無料の求人・転職サービスをすべて『転職サイト』という名称で統一することにしました。はぁ~スッキリ。

では、前置きはこの辺にして、ボクのおすすめ転職サイトを紹介していきましょう!

リクルートエージェント

⇒【リクルートエージェント】公式データを見る

おすすめ度:★★★★★
求人検索機能:あり
転職サポート:あり
非公開求人:あり

求人の量・質、採用率UPのための各種サポート、安心感・信頼感… ボク的にはどの面をとっても最強の転職サイトでした。転職成功実績が業界No.1というのも頷けます。

「とりあえずこれを使っとけば間違いない」ということができる唯一の転職サイトかもしれません。

給与・待遇UPを目指す人、初めての転職で不安な人、スピード転職したい人、じっくり時間をかけて転職したい人、第二新卒の人、20代の人から50代の人まで、男女問わずすべての人にオススメできます。

まず、それぞれの業種・職種に精通したアドバイザーが求人収集とサポートを担当しているので、安心して転職活動に臨めますし、未経験の分野にもチャレンジがしやすいです。

そして、業界最大手ということで求人広告を出す企業からの信頼も厚く、さまざまな企業の情報が集まります。その上で、求人企業の内部事情もしっかり調査しているので、ブラック企業を回避しながら転職先を選んでいくことができます。

筆者ミヤケンが最も信頼し、最も積極的に活用した転職サイトです。

迷ったらココ… というか迷わずココに登録でOK。

⇒リクルートエージェント【登録フォームはこちら】

マイナビエージェント

⇒【マイナビエージェント】公式データを見る

おすすめ度:★★★★☆
求人検索機能:あり
転職サポート:あり
非公開求人:あり

新卒の就職活動サポートで培った企業のデータと、採用のノウハウを活かしたサポートをしてくれます。

30代以上よりも、20代の転職支援に力を入れている印象がありますね。

だからか、リクルートエージェントに比べるとハイキャリアの求人やキャリアアップを目指す求人などは、少ない印象がありました。

しかし、履歴書や職務経歴書の添削・面接対策はリクルートエージェントに負けないほどのハイクオリティです。

リクルートエージェントだけだと物足りない人や第二新卒で自信がない人とかにオススメ!

⇒マイナビエージェント【登録フォームはこちら】

リクナビNEXT

⇒【リクナビNEXT】公式データを見る

おすすめ度:★★★★☆
求人検索機能:あり
転職サポート:なし(リクルートエージェントへの登録で連携可能)
非公開求人:なし(提携エージェント経由で応募可能)

リクルートエージェントと同じ「リクルートキャリア」が運営する転職サイトです。

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーが付いてくる支援サービスがメインだけれど、リクナビNEXTは求人案件の検索機能がメインとなっています。

転職者の8割が利用していると言われるほど大規模で人気な転職サイトで、「とりあえず使おう」という気楽な感覚で使えるのが魅力です。

企業からスカウトが届くサービスもあり、登録後、待っていても求人が得られます。

また、登録後は任意で「グッドポイント診断」という自己分析ツールを使用することができるので、積極的に活用していきましょう。

⇒リクナビNEXT【登録フォームはこちら】

DODA

⇒【DODA】公式データを見る

おすすめ度:★★★☆☆
求人検索機能:あり
転職サポート:あり
非公開求人:あり

様々な職種を全体的に取り揃えているリクルートエージェントと比べると、メーカー・IT関連の求人案件が多いように感じました。

金融・小売・サービス業などの求人は比較的少なめかな。メーカーやIT関連から転職先を探す人にはおすすめできる転職サイトと言えます。

しかし、未経験者を歓迎してくれる求人が他の転職サイトと比べて少ない印象なのがネックです。

⇒DODA【登録フォームはこちら】

type転職エージェント

⇒【type転職エージェント】公式データを見る

おすすめ度:★★★☆☆
求人検索機能:あり
転職サポート:あり
非公開求人:あり

ワークライフバランス重視の求人案件がとにかく多い印象があります。

結婚・出産といった女性のライフイベントに理解がある企業を求めているなら、登録して損はありません。

⇒type転職エージェント【登録フォームはこちら】

パソナキャリア

⇒【パソナキャリア】公式データを見る

おすすめ度:★★★☆☆
求人検索機能:あり
転職サポート:あり
非公開求人:あり

年収アップ率が高いと評判の転職サイトです。

「将来を見据えたカウンセリング」を売りとしており、キャリアアップを目指す人やキャリアプランを練り直したい人などにオススメしやすいと思います。

向上心が高く、現状に満足していない人にはぜひ。

⇒パソナキャリア【登録フォームはこちら】

転職意欲バロメーターに応じた転職サイトの選び方・活用法

ボクが推奨する転職サイトの活用法。それは、転職意欲の度合いによって転職サイトを選んだり組み合わせたりして使用することです。

「絶対転職してやる!」という100%の人、「良い求人があれば」と思っている80%の人、「転職しようか迷ってる」という50%以下の人…

そんな転職意欲バロメーターごとに、転職サイトの選び方・活用方法を紹介しましょう。

【転職意欲100%】とにかく早く今の職場を辞めたいという人は…

なるべく早く、今すぐにでも今の職場を辞めたい! 絶対転職してやるぞ…! という転職意欲が100%な人には、「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」の併用をオススメします。

最大手の2サイトという安定感がありますし、それぞれ似ている部分が結構あるんです。

求人の量・質の高さも、サービスの質の高さもほぼ同等。「マイナビエージェント」のほうが若者向けでキャリアアップ志向の求人は少なめという傾向があるというくらいの違いです。

その「似ている」ということを活かして、使いましょう。

たとえば、リクルートエージェントをメインに使う。そして、マイナビエージェントは、アドバイザーに質問・相談するときのセカンドオピニオンとして使うという活用法があります。

また、両方の転職サイトを使ってみて、アドバイザーの相性がいいほうをメインにするという使い方もありますよ。

違う転職サイトの求人持ち込みもできるので、相性がいいアドバイザーのいる転職サイトにもう一方の転職サイトの求人への対応を求めるのもアリです。

こうやって使うことで、転職活動はより効率的になるし、質も高くなるんじゃないかなあ。

「俺はもっと複数使えるぜ」という自信があるなら、サードオピニオンとして「DODA」を追加するのがおすすめです。

【転職意欲80%】良い求人があれば転職する気満々という人は…

良い求人があれば転職する気があるという人は、「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」を併用することをオススメします。

運営母体は同じリクルートだから共通している求人もありますが、異なる求人も多数扱っていますし、自力検索機能は「リクナビNEXT」のほうが使いやすいんです。

使い方としては…

「リクルートエージェント」では、アドバイザー経由で紹介してもらった求人をチェックしたり、必要に応じてアドバイザーに相談。そして、暇な時間を使って「リクナビNEXT」で求人を自力検索。

こんな感じがいいと思います。自分のモチベーションや状況に応じてそれぞれの使用度合いを調整することができるというのがいいんですよ。

また、運営は同じだからリクナビNEXTで発掘した求人をリクルートエージェントに持ち込むという連動性も、とてもとても高いです。びっくりするくらいスムーズに、話が進みますよ。

同じ母体の転職サイト同士だからこそ、活用方法は豊富!

自分に合った使い方ができるため、ミヤケンとしてはとてもとてもオススメです。

【転職意欲50%以下】転職しようか迷っている人、とりあえず転職活動を始めてみたい人は…

まだ転職するかどうかは決まっていないし、迷っている。転職するか、今の会社・仕事に留まるか、どっちに転んでもおかしくないという人もいると思います。

そういう転職意欲と迷う気持ちが半々くらいの人には、「リクルートエージェント」だけを使うのがオススメ。

「併用はないの?」と思うかもしれませんが、まだ併用する必要はないと思います。気持ちがフラフラしちゃっている状態で複数登録しても、何をどうすればいいかかえって混乱するんじゃないかなあ。

とりあえず鉄板のリクルートエージェントにだけ登録して、今の仕事の悩みを相談したり、自分にはどんな転職先が合うのか、どんな転職先に転職可能なのかをアドバイスしてもらってみてください。

「職場の人間関係が…」「上司との関係どうしたらいい?」「残業が…」と、ひたすら愚痴みたいな相談をするのも転職サイトの使い方のひとつです。自分の能力はどれくらいか、転職市場価値はどれくらいかを見極めることもできます。

そういう相談によって、転職の決心がつくこともあれば、留まる決心がつくこともあると思うんですよ。

転職の決心がついたらそのまま転職するもいいし、「リクナビNEXT」とか「マイナビエージェント」とかを追加してより本格的な転職活動を始めるのもいいと思います。

【最後に】転職の意欲が0%から1%に変わったときに転職活動を始めるのがベスト

オススメの転職サイトと、組み合わせ活用法を紹介してきました。

これはミヤケンの経験則だけれど、転職活動というのは「転ばぬ先の杖」なんだと思います。

「絶対転職してやるぞー!」とZ会のCMみたいに叫びたくなるときに始めるものというよりも、「転職したい」「辞めたい」という意思がほんの少しでもあるなら始めておくべきものなんじゃないかなあ。

そう、転職の意欲バロメーターが0%から1%に変動した瞬間に…!

「悩みが小さい?」「そこまで不満じゃない?」そういう悩みや不満の大小の問題でもないと、ボクは思いますよ。

小さい悩みも放置すれば心に致命的なダメージを与えることがあるし、小さな不満も積もり積もれば転職するのに十分すぎる理由になります。

今のあなたは、既に1%以上の「辞めたい気持ち」があると思うんです。とりあえず、今すぐにでも転職サイトに登録して、何かアクションを起こしておきましょう。

転ばぬ先の杖、ですからね。